学生時代の生活費の工面

何か大きな買い物をしてお金に苦労するというよりも、やはり学生時代は生活費と学費を何とかすることで苦労しました。

自宅から通えない大学だったので下宿するしかなく、その下宿代をできるだけ安くするために大学の寮に入ることにしました。しかし月額4000円という安さなのでみんな考えていることは同じで、人気もあり抽選でした。それは親の年収なども審査基準にありましたが、基本は抽選で運よくなんとか当選しました。仕送りも3万円でしたので、時々バイトをしましたが、理系だったこともあり単発のバイトしかできませんでした。奨学金貸与の募集もあったのでこちらも応募しました。こちらも多くの人が応募するので採用されるか心配していましたがなんとか採用され月4万弱の奨学金を借りることができました。ひと月は7万円ぐらいの収入でやりくりすることになり、食費もできるだけ自炊することにしました。一日最大千円、月3万円の食費と決め、実質700円ぐらいに収めて残りの9000円ぐらいで散髪や服、本などを買うようにしました。最初は無理かもと思っていましたが、綿密に家計簿をつけて無駄な買い物は一切しなくなりました。何気なく買っていたおやつなども買わなくなり、実際にそのころの自分の写った写真をみるとかなりやせていたのがわかります。それでも食事はちゃんととっていたので、特に健康には問題なく風邪を1回ぐらいひいたぐらいで病院にかかることもありませんでした。これほど少ない収入の中でも少しずつ貯金はしていきました。何もおこらないからいいものの何かあったときのためと少しずつ貯めておこうと思ったからです。

4年になったときについに親から授業料が払えないという連絡が来たのです。もうちょっとで卒業でここで授業料が払えないといってやめるわけにはいきません。まだ授業料免除の申請など方法はありますが、1年から幾度と申請をだしていても許可されたことがなかったのでその方法はかなり難しいと思いました。様々な金策を考えましたが、私はそこで迷わず、これまでのものすごく少ない収入から少しずつ貯金をしていた分を授業料に使うことに決めました。授業料に使うと社会人になるときの準備に必要なときにはほとんどない状態ですが優先順位は今の授業料なので払いました。その後もぎりぎりで就職氷河期でしたが何とか就職でき、大学生活の家計を何とか乗り切りました。