医療ローン

医療ローンとは、高額な医療行為をする時に使う事のできるローンのことで、メディカルローンとも言います。

銀行など金融機関が融資商品として一般に展開しているものではなくて、特定の医療機関において、非保険適用の医療行為に対する費用負担を賄うために始めたサービスです。医療機関と信販会社が直接提携を結んでその金融機関に向けて特別に用意しているローンのことです。

例えば、レーシック・エステ・美容整形など手術や施術などで高額な費用が必要となると簡単に高額なお金を出す事ができない場合がありますよね。

お金を出すことができないから諦めるっていうことはしたくないからそういった時に医療ローンを使うと便利なんです。

医療ローンと一般的に言われているものは、各クリニックと提携しているクレジット会社との契約になります。

医療ローンは普通のショッピングローンなどと同じで審査もありますので、審査に通れば医療ローンを利用することができます。

ただ、結構クリニックで取り扱っている医療ローンは金利が高かったりするのでよく調べてからにした方がいいと思います。

ちなみにこういったところでも医療ローンを組むことができます。

医療ローン

なので、クリニック等よりも一般的にカードローンと言われているものを利用する方がいい時もあります。

オリコやアプラスなど信販系のところがクリニックではほとんどなのですが、同じ信販系のカードローンのオリックスなんかは低金利で融資を受けることができるんです。

審査も、クリニックの医療ローンに比べると通りやすくなっているようです。

カードローン会社では無利息キャンペーンだったりを謳っている業者もあるのでそういった金融業者を選ぶのも一つの手ですね。

学生で医療ローンを利用して、脱毛やプチ整形をしたいという人が増えています。学生でも医療ローンを組むことができるのかというと、20歳以上で収入がないとローンを組むことはできません。

美容整形となると保険が効きませんので、数万円から数十万円となることも多々あります。

が、やはり年齢と収入がクリアしていないとローンを組んで施術を行うことはできないのです。
その他のデメリットとしては、治療内容など、納得がいかなかったり自分に合っていないとなって、医療機関を変えるときに、原則として融資残高分について一括返済を求められることが多くあるそうです。

普通のカードローンと同じように審査もあるので、多重債務等をしていると医療ローンを受けることができない場合もあるので注意してくださいね。

 

パン屋さんで初バイト

私の初めてのアルバイトはパン屋さんでした。

スーパーに入っている小さなパン屋さんでしたが、当時高校1年生の私を店長さんはじめ他のパートのおばさん達も娘のように可愛がってくれました。

部活にも入っていなかったので、親にアルバイトでもしなさいと言われて始めたのですが、とても楽しい思い出ばかりです。

私は学校が終わった17時から21時まで、日中売れ残ったパンに値引きシールを貼ったり、あした売る分の食パンをスライスしたりする仕事を主にやっていました。

18時からは毎日タイムセールを行っていたので、レジはいつもとても忙しかったです。販売するのは私ひとりでしたが、常連の方などと楽しくお話しながら毎日充実したアルバイト生活を送っていました。

このアルバイトで一番働いて良かったなと思う点は、売れ残ったパンを好きなだけ持ち帰ることができたことです。本当は衛生上よくないのかもしれませんが、どうせ廃棄するものだからいいよと店長さんに言われていたので、遠慮なく持ち帰っていました。仕事を終えて家に向かいながらパンをほおばるのがとても楽しみでした。

そんなパン屋さんでの接客にも慣れて1年ほど経ったころ、突然お店が閉店になるということを店長さんに聞かされました。すごくショックでしたが、売り上げがあまり良くないということだったので、しょうがないかなとも思いました。

本当ならずっと続けていきたかったので残念でしたが、働くことの楽しさを教えてくれた大好きなお店だったので、今でも感謝の気持ちでいっぱいです。