仕事が決まらず一文無しに

私がお金を借りたいと思ったのは転職活動がきっかけです。上司とのいざこざで仕事を辞めたいと思い、感情的になって辞めてしまったのです。その時は仕事から解放されたという気持ちで一杯で先の事は考えていませんでした。というか仕事なんてすぐに見つかるものだと思い1か月程自宅でTVなど見ていました。

そろそろ転職活動でもするかと思い履歴書を書き始めとりあえず自分の条件に合う職場の面接に行ったのです。3日後、電話がかかってきて結果はもちろん落ちました。そういう事が3件位続き私も焦りを感じました。面接ではいつも好印象なのになぜ?と心では思いプライドと悔しさで前の職場より給料の低い会社の面接にも行きましたが、もちろん結果は不採用です。

アルバイトしようかとも思いましたがそれでは会社の面接には行けないとしばらくは失業保険と少ない退職金でやりくりする事にきめました。しかし現実は甘くなく一向に採用されないのです。仕事を辞めたことを私は友人に内緒にしていました。そのせいか飲みの誘いやショッピングなどを断る事が出来ずいつも通り遊んで退職金に頼ってばかりでした。
転職活動を始めて半年、気が付けば家賃、光熱費、交際費などでお金はどんどん無くなっていきました。特に仕事を辞めてからは光熱費と交際費はかかる様になり無意識に支払っていました。最終的には税金が払えない(税金払えない)ほどになってしまいました。督促状が来るのではないか、役所の人が家に来るのではないか・・・毎日何かにおびえていました。退職金も底をついた時に日雇いのバイトだったら安心だろうと思って仕事を探し始めました。ところが日給6000程のものが多く毎日働かないと生活できないと分かりなにか他にいい方法がないか考えました。

前の会社に戻る程プライド無くしたくない、でもお金がない、生活はどうしよう、毎日こういう事を考えてばかりの頃お金を借りたいという思考に駆られました。しかし親には知られてはいけない。借りるなら消費者金融でカードローンだ。今は返済まで30日間なら無利息とかあるしそんなに損はしないんではと思いました。あんなにお金を借りたいと思ったのは初めてです。今は無事他の仕事に就いてます。

 

学生時代の生活費の工面

何か大きな買い物をしてお金に苦労するというよりも、やはり学生時代は生活費と学費を何とかすることで苦労しました。

自宅から通えない大学だったので下宿するしかなく、その下宿代をできるだけ安くするために大学の寮に入ることにしました。しかし月額4000円という安さなのでみんな考えていることは同じで、人気もあり抽選でした。それは親の年収なども審査基準にありましたが、基本は抽選で運よくなんとか当選しました。仕送りも3万円でしたので、時々バイトをしましたが、理系だったこともあり単発のバイトしかできませんでした。奨学金貸与の募集もあったのでこちらも応募しました。こちらも多くの人が応募するので採用されるか心配していましたがなんとか採用され月4万弱の奨学金を借りることができました。ひと月は7万円ぐらいの収入でやりくりすることになり、食費もできるだけ自炊することにしました。一日最大千円、月3万円の食費と決め、実質700円ぐらいに収めて残りの9000円ぐらいで散髪や服、本などを買うようにしました。最初は無理かもと思っていましたが、綿密に家計簿をつけて無駄な買い物は一切しなくなりました。何気なく買っていたおやつなども買わなくなり、実際にそのころの自分の写った写真をみるとかなりやせていたのがわかります。それでも食事はちゃんととっていたので、特に健康には問題なく風邪を1回ぐらいひいたぐらいで病院にかかることもありませんでした。これほど少ない収入の中でも少しずつ貯金はしていきました。何もおこらないからいいものの何かあったときのためと少しずつ貯めておこうと思ったからです。

4年になったときについに親から授業料が払えないという連絡が来たのです。もうちょっとで卒業でここで授業料が払えないといってやめるわけにはいきません。まだ授業料免除の申請など方法はありますが、1年から幾度と申請をだしていても許可されたことがなかったのでその方法はかなり難しいと思いました。様々な金策を考えましたが、私はそこで迷わず、これまでのものすごく少ない収入から少しずつ貯金をしていた分を授業料に使うことに決めました。授業料に使うと社会人になるときの準備に必要なときにはほとんどない状態ですが優先順位は今の授業料なので払いました。その後もぎりぎりで就職氷河期でしたが何とか就職でき、大学生活の家計を何とか乗り切りました。

医療ローン

医療ローンとは、高額な医療行為をする時に使う事のできるローンのことで、メディカルローンとも言います。

銀行など金融機関が融資商品として一般に展開しているものではなくて、特定の医療機関において、非保険適用の医療行為に対する費用負担を賄うために始めたサービスです。医療機関と信販会社が直接提携を結んでその金融機関に向けて特別に用意しているローンのことです。

例えば、レーシック・エステ・美容整形など手術や施術などで高額な費用が必要となると簡単に高額なお金を出す事ができない場合がありますよね。

お金を出すことができないから諦めるっていうことはしたくないからそういった時に医療ローンを使うと便利なんです。

医療ローンと一般的に言われているものは、各クリニックと提携しているクレジット会社との契約になります。

医療ローンは普通のショッピングローンなどと同じで審査もありますので、審査に通れば医療ローンを利用することができます。

ただ、結構クリニックで取り扱っている医療ローンは金利が高かったりするのでよく調べてからにした方がいいと思います。

ちなみにこういったところでも医療ローンを組むことができます。

医療ローン

なので、クリニック等よりも一般的にカードローンと言われているものを利用する方がいい時もあります。

オリコやアプラスなど信販系のところがクリニックではほとんどなのですが、同じ信販系のカードローンのオリックスなんかは低金利で融資を受けることができるんです。

審査も、クリニックの医療ローンに比べると通りやすくなっているようです。

カードローン会社では無利息キャンペーンだったりを謳っている業者もあるのでそういった金融業者を選ぶのも一つの手ですね。

学生で医療ローンを利用して、脱毛やプチ整形をしたいという人が増えています。学生でも医療ローンを組むことができるのかというと、20歳以上で収入がないとローンを組むことはできません。

美容整形となると保険が効きませんので、数万円から数十万円となることも多々あります。

が、やはり年齢と収入がクリアしていないとローンを組んで施術を行うことはできないのです。
その他のデメリットとしては、治療内容など、納得がいかなかったり自分に合っていないとなって、医療機関を変えるときに、原則として融資残高分について一括返済を求められることが多くあるそうです。

普通のカードローンと同じように審査もあるので、多重債務等をしていると医療ローンを受けることができない場合もあるので注意してくださいね。

 

パン屋さんで初バイト

私の初めてのアルバイトはパン屋さんでした。

スーパーに入っている小さなパン屋さんでしたが、当時高校1年生の私を店長さんはじめ他のパートのおばさん達も娘のように可愛がってくれました。

部活にも入っていなかったので、親にアルバイトでもしなさいと言われて始めたのですが、とても楽しい思い出ばかりです。

私は学校が終わった17時から21時まで、日中売れ残ったパンに値引きシールを貼ったり、あした売る分の食パンをスライスしたりする仕事を主にやっていました。

18時からは毎日タイムセールを行っていたので、レジはいつもとても忙しかったです。販売するのは私ひとりでしたが、常連の方などと楽しくお話しながら毎日充実したアルバイト生活を送っていました。

このアルバイトで一番働いて良かったなと思う点は、売れ残ったパンを好きなだけ持ち帰ることができたことです。本当は衛生上よくないのかもしれませんが、どうせ廃棄するものだからいいよと店長さんに言われていたので、遠慮なく持ち帰っていました。仕事を終えて家に向かいながらパンをほおばるのがとても楽しみでした。

そんなパン屋さんでの接客にも慣れて1年ほど経ったころ、突然お店が閉店になるということを店長さんに聞かされました。すごくショックでしたが、売り上げがあまり良くないということだったので、しょうがないかなとも思いました。

本当ならずっと続けていきたかったので残念でしたが、働くことの楽しさを教えてくれた大好きなお店だったので、今でも感謝の気持ちでいっぱいです。